塗装の求人を事前に確認【働きたいところ見つかる】

工事現場で働く職種

派遣会社への報告が大事

メンズ

施工管理は、建築関連の仕事に分類される仕事です。
施工管理の仕事に就くと、安全管理や品質管理などあらゆる面で責任を負うことになります。
施工管理に携わる人の主な仕事場所は建築現場です。
設計担当者が用意した設計図に基づき、現場監督として各方面に最適な指示を行います。
工事現場には必ず施工管理を行う者が一人いなければなりません。
施工管理を行う者は、施工管理技師という名称で呼ばれます。
施工管理技師を名乗るためには、国家資格を取得しなければなりません。
最近では、派遣という形で施工管理の仕事をする人も登場しています。
一般的な派遣会社でも登録することができますが、建築関係の仕事に特化した派遣会社を選ぶこともできます。
こういった派遣会社の場合は専門性が高く建築会社とのパイプもあるため、求人募集の内容も充実しています。
派遣であっても施工管理の仕事内容に変わりはありません。
指定された現場に出向いて指示をして現場全体の管理を行います。
派遣であれば働く現場を自分で選ぶことができるため、自分の経験が活かせるというメリットがあります。
派遣登録をしておくだけで次々と様々な現場の仕事が舞い込んでくるため、給与面でも不安がありません。
派遣会社を通して仕事を受けることになるため、何かあった時に間に入ってフォローしてもらうことも可能です。
待遇に不満がある場合や現場で気になることがある場合には、派遣会社に逐一報告しておくようにします。
以上のように、様々なメリットがあることから、施工管理の仕事を希望される方に派遣の求人をおすすめします。

正社員を目指す事が出来る

男女

施工管理の仕事は、派遣社員という形でもできます。
施工管理は工事現場で作業の進捗状況を管理するのが仕事です。
予定通り進んでいるか、作業員の状況はどうか、安全性や品質に問題はないかなどを日々チェックするのが仕事です。
50人以上の作業員が働く工事現場では必ず置くことになっており、能力のある人へのニーズは高いといえます。
派遣で働くということは、給料を支払いや福利厚生を管轄する会社と、働くときの指示を受ける会社が違うということです。
社員は、派遣会社に籍を置きつつ、派遣された会社の規則やルールに従って仕事をします。
基本的に有期雇用となり、期間が満了したらそこでの仕事は終了し、別の派遣先に向かいます。
施工管理の場合は、プロジェクトごと、工事ごとに変わることが多いです。
有期雇用である点、時給制であるため仕事がないと収入がなくなる点などに不安を覚える人もいるかもしれませんが、実はメリットもあります。
メリットとは、人間関係のしがらみがない、施工管理という仕事をずっと続けることができる、条件にあった仕事先を紹介してもらえる、大手の会社でも働けるなどが代表的なものです。
また、会社によっては、働きが認められると正社員への雇用が認められるところもあり、チャンスが多いともいえます。
なるべく仕事を途切れさせたくないのならば、その旨を派遣会社のコーディネーターに伝えておけば、随時そのように派遣先を登録してもらえます。
上手に使えば満足のいく働き方をするのは可能です。

業界特化型の会社が有利

男女

人材派遣会社には、総合型派遣会社や業界特化型派遣会社などいくつかのタイプがあります。
総合型派遣会社とは、いろいろな業界のいろいろな業種の仕事を幅広く取り扱っている会社です。
総合型派遣会社に登録すれば、事務職や営業職といった一般的な職種から、施工管理や建築士などの建設関係の職種、プログラマやITエンジニアなどIT関係職種などの専門的な職種まで対応しているのが特徴です。
一方、特定の業界や業種に絞って、企業に対して人材を紹介している会社もあります。
そして、施工管理の仕事を紹介してもらうためには、どちらのタイプの人材派遣会社に登録しても大丈夫です。
しかし、建設業界に特化した人材派遣会社のほうが、質と量の両面で、有利になっています。
専門的な案件だけを取り扱う会社は、業界との繋がりが深く、他の会社では絶対に出てこない案件が見つかることも珍しくありません。
そのため、建設業界に特化した人材派遣会社に登録して紹介を受けたほうが、より条件の良い案件に出会える可能性が高くなります。
また、スタッフも業界のことをよく理解していて、施工管理技士の給与水準や労働時間などの労働条件を熟知しているので安心です。
手間さえ惜しまなければ、複数の人材派遣会社に登録することもできるので、施工管理の仕事を探すときは、1社だけでなく、最低でも2社から3社の建設関係に強い人材派遣会社に登録するようにしましょう。
そうすることで、効率よく職探しをすることが可能です。

ネット情報を活用

作業現場のシルエット

建設関連の求人が多いサイトを活用することで、施工管理の仕事をスムーズに見つけて、収入アップを実現できます。転勤がない住宅メーカーの地域限定社員の仕事も魅力的ですが、大規模な土木工事を手掛ける企業に転職すると、海外で活躍できるでしょう。

もっと読む

未経験で応募する時のコツ

作業員

工事現場で工事の管理を行うのが施工管理の仕事です。工事の安全や品質、スケジュール管理などの現場仕事や、各申請書や報告書の作成などの事務仕事まで、仕事内容の幅は広いです。知識や経験も大切ですが、コミュニケーション能力も重要なスキルになるので未経験で求人に応募する際にはアピールしてみるといいでしょう。

もっと読む

工事現場で働く職種

メンズ

施工管理は、工事現場であらゆる管理に従事する仕事です。施工管理技師として認められるためには、国家資格を取得しなければなりません。特に施工管理に特化した派遣であれば、経験に応じた仕事を紹介してもらえます。また、派遣先に職場での悩みを相談することも可能です。メリットが多い派遣の求人がおすすめです。

もっと読む