塗装の求人を事前に確認【働きたいところ見つかる】

ネット情報を活用

採用情報の諸条件

作業現場のシルエット

道路やビル工事をはじめとした建設現場での経験を活かして、収入アップを実現したいときに役立つのは、建設業界に特化した求人サイトです。
建築士や建築施工管理技士などの資格を持っている人を優遇する企業が多いですが、それ以上に重要なことは、仕事に対する前向きな姿勢です。
特に住宅メーカーの施工管理求人の場合には、顧客や関連業者との打ち合わせの場面も多いので、高度なコミュニケーション能力が必要です。
また建設工事を進める上では、作業の流れを的確に把握する必要もあり、特にマネジメントの能力が高い人は優遇されるでしょう。
業界専門のサイトで紹介されている求人は、月収30万円前後が標準的ですが、実力に応じて収入を増やすことも可能です。
とりわけ大手住宅メーカーは、地域限定社員の募集にも力を入れており、自宅から通えるエリア内で働けるでしょう。
一方で年収を重視して施工管理の仕事を探す場合には、トンネル工事などを手掛ける、土木関連企業の求人に注目するのが理想的です。
土木関連の仕事がメインの建設会社は、売り上げに占める公共事業の比率が大きいので、収入の安定性も高いです。
大規模な土木工事を手掛ける建設会社は、特にハイレベルな人材を求めているので、求人に応募する場合には一級土木施工管理技士の資格が必須条件です。
海外に進出している企業も多いために、大規模な土木工事を手掛ける企業に転職すると、技術を生かしてグローバルに活躍できるでしょう。

好待遇の職場が多い

作業員

建設業や建築業からプラントに至るで、施工管理の求人は多くの業界から出ています。
そんな中、どの求人も共通して給与水準が高いという特徴があります。
施工管理技士の資格を持っていて経験豊富な人材ならば、月収50万円以上の待遇で雇用している例も少なくありません。
施工管理の求人は、スーパーゼネコンや大手ゼネコンなどから募集がかけられていることも多いです。
そのため、ゼネコンが出している求人には、応募者が殺到する傾向にあります。
ですから、施工管理で給与水準が高い求人があったら、なるべく早めに応募するように心がけましょう。
施工管理の求人は単身赴任で働くことが出来る場合も多いです。
赴任地での住宅手当はもちろんの事、帰省する際の旅費を補助してくれる企業も沢山あります。
そのため、家族を別の地域に残して働きに行くということも可能です。
造成工事や道路工事に河川工事やダム工事など、管理をする現場は工事によって変わります。
しかし、どの現場でも施工管理で得た経験を発揮できます。
なので、納得の行く就労条件で雇用してくれる企業を探してみましょう。
建設業界というと残業が多いと考える方も多いですが、施工管理の求人では残業ゼロの企業も多いのでワークライフバランスを上手く取りながら働けます。
中小のゼネコンでも業績が好調で、途切れること無く仕事がある企業は少なくないです。
そのため、余り企業の規模にとらわれるのではなく、働きやすさや待遇から選択すると、腰を据えて長い間施工管理の仕事をすることが出来ます。

資格や年齢について

メンズとレディ

施工管理の求人は昔と比べて増加しています。
その理由で挙げられるのが、建築の需要増加やリフォーム業などの普及です。
建築関係の仕事には施工管理の存在は欠かせなくなります。
そのため、ほとんどの建築会社では積極的な求人を行っているのです。
施工管理は資格が求められますが、資格にもレベルがあります。
1級を持っていれば頼もしい人材として扱われますが、1級を取得するには難易度も当然上がります。
さらに、施工管理の資格には種類があるので、たくさん取得していれば多くの求人に匹敵できます。
しかし、資格をまだ取得していない場合や、取得していてもレベルが浅く、種類も1つしかないような場合は求人も限られてきます。
そのような場合は、仕事に就いた後に働きながら資格の勉強をしていけるところを選ぶ方法があります。
施工管理の資格は一定の経験が求められることもあるので、勉強だけで資格が受けられるわけではありません。
施工管理のキャリアアップを望む企業は多いので、資格を今すぐ取得していなくても理解をしてくれるところもあります。
今は難しくても、将来は責任ある立場の施工管理を目指したいときは、慎重に求人を選んでいく必要があります。
そして施工管理の求人は、経験や資格があればそれらを優先していくので、年齢的な問題を特に重視しないところも少なくありません。
転職やその人の年齢を重視する場合も多いですが、需要がある施工管理は40代や50代でも優秀であれば雇う可能性は大きいです。
年齢的に若くない場合には、今までの経験や取得した資格を武器に、それに適した求人を選んでいくことが大切です。

ネット情報を活用

作業現場のシルエット

建設関連の求人が多いサイトを活用することで、施工管理の仕事をスムーズに見つけて、収入アップを実現できます。転勤がない住宅メーカーの地域限定社員の仕事も魅力的ですが、大規模な土木工事を手掛ける企業に転職すると、海外で活躍できるでしょう。

もっと読む

未経験で応募する時のコツ

作業員

工事現場で工事の管理を行うのが施工管理の仕事です。工事の安全や品質、スケジュール管理などの現場仕事や、各申請書や報告書の作成などの事務仕事まで、仕事内容の幅は広いです。知識や経験も大切ですが、コミュニケーション能力も重要なスキルになるので未経験で求人に応募する際にはアピールしてみるといいでしょう。

もっと読む

工事現場で働く職種

メンズ

施工管理は、工事現場であらゆる管理に従事する仕事です。施工管理技師として認められるためには、国家資格を取得しなければなりません。特に施工管理に特化した派遣であれば、経験に応じた仕事を紹介してもらえます。また、派遣先に職場での悩みを相談することも可能です。メリットが多い派遣の求人がおすすめです。

もっと読む