塗装の求人を事前に確認【働きたいところ見つかる】

未経験で応募する時のコツ

求められる能力とは

作業員

工事の現場で工事全体の管理を担当するのが施工管理の仕事です。
施工管理の仕事は多岐に渡ります。
工事の安全や品質管理、スケジュール通りに工程が行われているかや、人の管理などの、現場での仕事はもちろんのこと、原価管理や各申請書、報告書の作成などの事務的な仕事も行います。
施工管理の求人は、人手不足な職種でもあり、経験者から未経験者まで数多くあります。
経験者向けの求人であれば現場での実務経験や施工管理や建築士の資格等を取得していると優遇されることがあります。
未経験者でもOKな求人では、現場で経験を積み重ねながら知識や技術を身につけていくことができます。
資格取得をサポートする支援制度が充実していたり、資格取得後は資格手当を支給してくれるという会社もあり、求人を選ぶ時のポイントになるでしょう。
未経験から施工管理の仕事にチャレンジする場合は、未経験OKとしている求人に応募してみるといいでしょう。
施工管理の仕事は、専門の知識や経験が大切なことはもちろんですが、未経験の場合は、求められる人物像としてコミュニケーション能力や責任感の強さ、真面目さなどがあげられている求人が多くあります。
現場で働く職人や関連会社の企業、施工主、工事現場周辺の住人など、多種多様な人と関わりながら仕事をしていくことになるので、上手に人をまとめられる能力は施工管理の仕事をしていく上で重要なスキルになります。
求人に応募する際には、これらの能力をアピールすることも採用に繋がるポイントになるでしょう。

資格を生かせる仕事を

工事現場

1級または2級施工管理技士の資格を持っている人は就職に有利だと言われていますが、自分に合った仕事を見つけるには膨大な求人情報を整理しなければなりません。
施工管理の求人にも勤務地や給与・業務内容・雇用形態などいろいろな条件があって、有利な条件の仕事ほど早い段階で決まってしまいます。
特に土木工事や建設工事は工期が限られているため、大手ゼネコンなどの企業に所属している人でないと施工管理の仕事を安定して確保していくのは困難なものです。
日々更新される求人情報をいち早くキャッチし、希望条件に合った仕事を見つけて採用されるためには相応の情報源を持つことが欠かせません。
そうした情報源の1つとして多くの人に活用されているのは、さまざまな職種の仕事を検索条件で絞り込める求人情報サイトです。
建設業界に特化した情報サイトには施工管理の求人も多く掲載されており、資格を生かせる仕事を探すのに役立ちます。
施工管理の業務内容は求人によって異なりますが、測量や写真撮影・現場責任者に対する指示の他、書類作成やCADソフトを使った図面作成・修正などデスクワークが多いのも特徴です。
工程管理のための工事スケジュール表作成や、原価計算・安全管理の指導なども施工管理の業務に含まれます。
施工管理の求人を出している工事現場は必ずしも通勤しやすいエリアにあるとは限りませんが、より広い範囲の求人情報を把握することで採用のチャンスは拡大します。
一般の情報誌や情報サイトに求人が掲載されていない施工管理の仕事でも、人材派遣会社に登録すれば非公開の仕事を紹介してもらうことが可能です。
遠方からの就労者に対して赴任手当や帰省費用を負担している派遣先もありますので、勤務地にこだわらなければ好条件の仕事が見つかる可能性も高まります。
施工管理の資格を生かせる仕事を見つけるには、以上のような方法で求人情報を効率的に入手することが不可欠なのです。

やりがいを感じる

人形

施工管理の求人は全国にあり、ほとんど常にあります。
施工管理とは、土木や建築工事において、進捗状況や作業の内容、作業員たちの安全などを管理する仕事です。
未経験可の求人も多く、働くにあたって特別な資格は必要ないことが多いです。
高卒資格と自動車の運転免許があればたいていは働けます。
施工管理の求人の魅力は、高収入が得られるという点と、やりがいがあるという点です。
施工管理の求人は、派遣にしても正社員として働くにしても、かなりの高収入になります。
定時までは現場にでており、その後は書類仕事をすることになるため、残業は多くなりがちですが、その分残業代で稼ぐことができます。
きちんとした会社であれば残業代は必ずでるので、確実に稼げます。
月給30万円くらいなら比較的簡単に稼げますし、経験を積んで資格をとるなどすれば月給60万円近くになることも夢ではありません。
施工管理に関する資格はいくつかありますが、いずれも国家資格であり、取得するには実務経験が必要です。
簡単に取得できる仕事ではない分、いつでも再就職ができ、また長く働けるというメリットがあります。
工事は何かを作ったり修理したりするという作業なので、やりがいを感じられるのもメリットです。
自分自身で管理した作業が形に残るのを見ることで、大きなやりがいを感じる人は多いです。
道路などを補修したり作ったりする場合は、まさに「地図に残る」仕事といえます。
仕事をした痕跡を社会に残したい人にもぴったりです。

ネット情報を活用

作業現場のシルエット

建設関連の求人が多いサイトを活用することで、施工管理の仕事をスムーズに見つけて、収入アップを実現できます。転勤がない住宅メーカーの地域限定社員の仕事も魅力的ですが、大規模な土木工事を手掛ける企業に転職すると、海外で活躍できるでしょう。

もっと読む

未経験で応募する時のコツ

作業員

工事現場で工事の管理を行うのが施工管理の仕事です。工事の安全や品質、スケジュール管理などの現場仕事や、各申請書や報告書の作成などの事務仕事まで、仕事内容の幅は広いです。知識や経験も大切ですが、コミュニケーション能力も重要なスキルになるので未経験で求人に応募する際にはアピールしてみるといいでしょう。

もっと読む

工事現場で働く職種

メンズ

施工管理は、工事現場であらゆる管理に従事する仕事です。施工管理技師として認められるためには、国家資格を取得しなければなりません。特に施工管理に特化した派遣であれば、経験に応じた仕事を紹介してもらえます。また、派遣先に職場での悩みを相談することも可能です。メリットが多い派遣の求人がおすすめです。

もっと読む